MENU

おまとめローンのデメリットは?どんなケース?

おまとめローンは返済額を減らせ、返済の負担も軽くできてメリットが多いものです。しかし、場合によってはおまとめローンを利用したのにデメリットになってしまうこともあるのです。

 

おまとめローンは、1ヶ月間に行う返済の件数を減らすことになります。ここで、毎月の返済額も減ると、借入残高によっては返済期間が長くなることになります。返済期間が長くなることで、逆に支払う利息が大きくなってしまうケースもあるのです。利息が下がり月々の返済額が減る=常に総返済額も減るというわけではないことを知っておきましょう。

 

また、どうしてもおまとめローンを利用したいからと、やみくもにたくさんのローンに申し込みをして申し込みブラックといわれる状態に陥ってしまうリスクもあります。何社も申し込みをしてしまうと、相当返済に苦しい状態→返済できない人物では?と疑われてしまうのです。これもおまとめを利用したいと焦るほど、起こしてしまいやすい失敗です。

 

また焦る気持ちは、悪徳なおまとめ詐欺につけこまれる可能性があります。好条件でまとめるから、手数料を支払えといったパターンがあります。普段なら「これはおかしい!」と思っても、はやくまとめて楽になりたいという気持ちがあると、悪徳業者にだまされてしまうことにつながるでしょう。

 

どんなローンでも、まとめれば返済しやすくなるというわけではありません。まず自分の返済状況を把握しておかないと、おまとめローンがデメリットになってしまうこともあるのです。目の前の返済で精一杯になりやすいので、注意が必要でしょう。